シミに効果のある薬!より効果を上げる為のちょっとした飲み方のコツ

肌は夜に生まれ変わる!シミの薬は寝る前に飲むのが効果的!

夜寝ている間、私達の肌は生まれ変わります。ホルモンの働きが盛んになる就寝中に、肌細胞のターンオーバーも行われるのです。
シミができてしまった肌が、新しい綺麗な肌へと生まれ変わるのも、就寝中というわけですね。
そのことから考えても、シミの薬は寝る前に飲むことでよりいっそう肌への効果が高くなると言えるでしょう。
そして大切なのは、ぐっすりと眠ることです。寝不足では自律神経が乱れてホルモン分泌も悪くなります。7~8時間は質の良い睡眠をとることが理想的です。寝つきが悪い人は、寝る前にホットミルクを飲むなどしてリラックスしてみましょう。
シミの薬は寝る前に飲み、しっかり睡眠もとることが、シミ対策につながるのです。

薬と野菜類の併用摂取でより効果的なシミ対策に!

シミが生じる原因は、紫外線などによってメラニン色素が増えることが関係しています。この厄介なメラニン色素の抑制を抑えてくれる成分が、ビタミンCなのです。
シミ対策の薬を飲むことに加えて、毎日の食事でビタミンCをしっかり摂取することで、シミ予防の相乗効果を得ることができます。ビタミンCはトマトやブロッコリーなどの野菜のほかに、オレンジやレモンといった柑橘類やキウイフルーツなどにもたくさん含まれていますよ。
またにんじんやかぼちゃなどの緑黄色野菜も、ビタミンAの作用により肌の状態が綺麗になります。
せっかく薬を飲んでも、野菜不足になってしまっては勿体ないですよね。
シミが気になるという人は、シミ予防の薬を飲むと共に野菜や果物を食べることも習慣づけましょう。